株式会社エム・エス・プランニング

メインビジュアル

マンション専有部点検

マンション専有部点検のイメージ画像

マンション専有部点検について

計画的な点検でマンションの資産価値アップ

マンション専有部の配管更新や設備交換においては、計画性を持った点検とメンテナンスが必要です。

点検を年に1~2回行うことによって現状を正しく認識し、不具合箇所の早期発見やリフォームのタイムスケジュールの管理にも役立てましょう。漏水事故が減れば、それだけマンション全体の資産価値を高めることにもつながります。

年間実績・トータル実績

2010年〜

39,066
  • 2019年
    4,432件
  • 2020年
    3,591件
  • 2021年
    4,356件
  • 2022年
    3,995件
  • 2023年
    1,873件
    (2023年9月末時点)
点検コンセプト

弊社では大手マンション管理会社と業務提携契約を行い、共同企画として今季14年目になる点検業務を行っています。
『お住まいの無料点検』と題し、業務提携企業様・居住者様・弊社の3者間にメリットをもたらす目的があります。専有部の水回り診断からメンテナンス、設備交換、リフォーム計画のアドバイス、内装工事、アフターフォローを含めたトータルリフォームに対応いたします。

具体的な点検内容

水回り設備の劣化状況など基本25項目

水回り設備の劣化状況など基本25項目

キッチン、浴室、洗面化粧台、トイレを中心に、全部で25項目の基本点検を実施。場所ごとに該当箇所をチェックし、状況を記載した点検表を作成してお客様にお渡しいたします。

露出配管水漏れ確認、触診・目視チェック

露出配管水漏れ確認、触診・目視チェック

キッチン水栓や洗面ボウル裏側のつなぎ部分、シンク下裏側、トイレ本体など、露出配管の水漏れを確認。触診・目視チェックも合わせて行い、すみずみまで入念に点検いたします。

設備機器の動作確認・異音確認

設備機器の動作確認・異音確認

水を流す、スイッチを入れたモーター異音など、状況に応じた設備機器の動作確認も行います。ただし点検口やエプロンを外しての点検など、築年数の古い物件では事故の可能性があるため、臨機応変に対応いたします。

メンテナンスのご案内やご相談

メンテナンスのご案内やご相談

点検はお客様にご同行いただきながら進めていきます。一緒に確認してもらうことで状況を正しく認識し、合わせてお手入れ方法や設備の交換・メンテナンス時期に関してもアドバイスさせていただきます。

専有部点検を行うメリット

マンション専有部の配管や設備の劣化は、居住者様ご自身でのメンテナンスが必要です。計画性を持った対応により、不具合箇所の早期発見、ひいてはマンション全体の資産価値の向上にも寄与します。居住者様・業務提携企業様の2者間ともにメリットを感じていただけます。

POINT 01

早期発見

不具合箇所を早期発見できれば、漏水事故や設備が急に使えなくなるなどのトラブルを未然に防ぐことができます。点検を通じ、漏水事故に対する危機意識を高めましょう。

POINT 02

資産価値の維持

適切な設備交換の時期、必要な修繕のご提案をいたします。それによりマンションの資産価値を下げることなく、将来的な資産への意識も高めていただけます。

POINT 03

頼れるプロの存在

マンションにトラブルが発生したとき、弊社が相談窓口として対応いたします。どこに連絡して良いかわからない、
といった不安を解消して気軽にお問い合わせいただけます。

点検の流れ

STEP 01
スタッフのアイコン

あらかじめお伝えしていた日時に、スタッフがご自宅マンションにお伺いいたします。居住者様にご挨拶したのち、持参したスリッパに履き替えて入室させていただきます。弊社では訪問スタッフの接客態度や身だしなみ、接遇マナー、もちろん衛生管理にもきちんと配慮しておりますのでご安心してお迎えください。

STEP 02
居住者様への説明アイコン

まずは居住者様に点検の流れと内容をご説明いたします。どこをどのように見るのかをしっかりお伝えすることで、安心して点検を受けていただける環境作りを心掛けています。そのあと居住者様ご自身が心配なところや困っている点、気になっている部分を細やかにヒアリングし、くみ取ったうえで点検を開始いたします。

点検はすべて、居住者様に同行していただいたうえで実施いたします。弊社では点検を行った結果と正確な状況を居住者様自身に認識してもらうことを大切にしています。お住まいのマンションに対する危機意識を高めていただき、合わせて日々のお手入れ方法や設備の交換時期、メンテナンスの必要性などにアドバイスを行います。

  • キッチン下シンク
    キッチン下シンク
    水を流した状態で給排水管の水漏れ有無を確認
  • 洗面ボウル下
    洗面ボウル下
    配管の裏面などは、目視確認が出来ないため、スマホなどで撮影し漏水を確認
  • 浴室
    浴室
    点検口やエプロン内部の漏水確認
  • レンジフード
    レンジフード
    スイッチを入れてモーター音の確認。異音の有無をチェック
  • トイレ
    トイレ
    ボールタップの状態や、止水栓からの漏水を確認。
  • その他
    その他
    ・点検口やエプロンを外しての点検については、他トラブルを誘引する可能性があるため状況に応じた点検を行なっています。

    ・築年数が古い物件は点検時に事故を誘発する可能性があるため、点検内容は臨機応変に対応させていただいております。
STEP 03
メンテナンスチェックのアイコン

水回りだけでなく、室内ドアやキッチン設備のガタツキ、部品外れ、ねじのゆるみなども丁寧にチェック。可能な限りその場で調整しますが、部品取り寄せや修繕に時間がかかる場合、劣化状況が著しいときには難しいこともあります。点検のあとは点検表のお渡し、お見積りやご提案、メーカーメンテナンスの連絡先のご案内もいたします。

不具合箇所例

キッチン水栓の水漏れ・水染み

キッチン水栓の水漏れ・水染み

キッチンの水栓は使用頻度が高いため、不具合が起こりやすい箇所のひとつです。銅と水分との化学反応で緑青が発生するほか、シンク下裏側では木の台座部分に水染みやカビが出ることがあります。

洗面ボウルの水漏れ

洗面ボウルの水漏れ

一見すると問題ないかのように見える場合でも、裏側のオーバーフローつなぎ部分から水が漏れていることも。目視だけでなく、見えにくい場所はスマホ撮影などできちんと調べる必要があります。

トイレ本体の水漏れ

トイレ本体の水漏れ

トイレに関する不具合の中で多いのが、止水部分からの漏水です。トイレの配管や本体をつたい、床に水がたまってしまうこともあるので特に注意して点検しなくてはなりません。

ユニットバスのシール切れ

ユニットバスのシール切れ

ユニットバス、浴室、洗面台、流し台などの目地部のシールが切れると、その切れ目からサビが発生しやすくなります。またユニットバスではパネルの割れや黄ばみが起こることもあります。

お住まいの無料点検のイメージ画像

住まう人の快適と安全を守るため、資産価値向上のためにも点検を

マンション専有部の設備の劣化を早期発見することは、居住者様の安全と快適性のために必要不可欠です。漏水事故などのトラブルは金銭的・精神的にも大きな負担となり、日常生活に影響が出ることすらあります。『お住まいの無料点検』を活用し、計画性を持って定期的なメンテナンスをしましょう。それにより、安全な生活に加えマンション全体の資産価値の向上にもつながります。

CONTACT

お問い合わせ

矢印